いきなり店外デートはやってはいけないこと
初めてキャバクラを利用する際に、やってはいけないことがいろいろとあります。まずは知り合っていきなり店外デートに持ち込もうとすることです。キャバクラ独特のシステムとして、同伴やアフターなど店外デートのできる点です。しかしこれができるのは常連になって、なじみのお客さんになってからです。初対面のお客さん相手にキャバ嬢が店外デートをOKすることはまずないです。相手がどういう人かわからないのに店外で2人きりで会うのはあまりに危険です。

また店外デートをしても、お店として見ればお金が入ってきません。お店にとって重宝するキャバ嬢は、いかにお店でお金を落としてくれるお客さんを引っ張れるかにかかっています。キャバ嬢自身もそのことがわかっています。店外であることなくお店にお客さんを呼びよせられるかが腕の見せ所です。焦って「デートしようよ」とか「お店の外で会おうよ」と誘ってきてもやんわり断られます。またキャバ嬢に嫌がられるのでやめたほうがいいでしょう。

エッチなことはできない
キャバクラを風俗店と勘違いしているお客さんは少なくありません。しかしキャバ嬢相手にエッチなことはできません。基本的にボディタッチはやってはいけないことと思ったほうがいいです。お店によっては、多少腕などをタッチする程度はOKというところもあるかもしれません。しかし胸や股間などデリケートなところを執拗に触るのはどのキャバクラ店でもダメでしょう。

また「ヤラせて?」のような下ネタもやめたほうがいいです。お酒を飲む場なので、多少の下ネタならキャバ嬢も乗ってくれるかもしれません。しかし下ネタのオンパレードや明るい笑えない生々しい下ネタなどはキャバ嬢から嫌われると思ったほうがいいです。キャバ嬢も一人の女の子ということを理解しましょう。

キャバ嬢相手にこのようなエッチなことを求めてくるお客さんはいます。特に注意したいのは、二次会や三次会でキャバクラに立ち寄る場合です。二次会や三次会になるとすでにかなりお酒を飲んでいて出来上がった状態で店を訪れることになるでしょう。するとお酒に飲まれた状態で、素面なら女の子に決して行ったりやったりできないことをやってのけてしまうこともあり得ます。自分がキャバ嬢の立場になった場合、お客さんからされたらいやだなと思うことはやらないほうが賢明です。マナーを理解したうえで楽しいひと時を過ごしましょう。