最近よく聞く「CBD」
CBDオイルという言葉をご存知でしょうか。正式名称カンナビジオールという成分で、麻に含まれます。麻と聞いて多くの方が思い浮かべるものとして大麻があるでしょう。近年ではアメリカの一部の州で合法化され、日本国内でも合法化を求める声が日に日に増している大麻。しかし、CBDについては大麻とは全く似て非なるものです。原材料が同じというだけで、CBDには乱用、依存も見られず、大麻特有の高揚感も一切得ることは出来ません。

大麻取締法では葉と花穂を規制対象としており、種子と茎は除外しています。そのため、種子・茎から抽出されたCBDは違法性のないものとして国内でも取引されているのです。また、諸外国の中には医薬品として扱われるものもあるCBDですが、国内ではあくまで健康食品としての位置づけで、保険適用外となります。

その効用はまさに現代人にうってつけのもの。うつ症状の緩和や睡眠障害の改善など、現代人が悩まされている諸症状に効果があるとされています。摂取にはカプセルによる摂取や直接水分に溶かして飲む方法など、様々な形がとられています。

どうしてもCBDのイメージが悪い…
多くの方は、大麻と言えばニュースで芸能人が使った等といった事件の中でしか聞いたことのない言葉。どうしても悪い印象があります。いくら違法性がないとはいえ、いきなりその大麻から抽出されたオイルを摂取することには抵抗があるかもしれません。そんな方のためにも、多くの健康食品会社はCBDを「サプリメント」として発売しています。

いわゆるマリファナとは別物で、最近耳にする医療用大麻とも別物の「サプリメント」。ご自身の体の症状に合わせて必要なだけ摂取してもらう。当然依存性もないので、栄養補助食品として摂取していくことができる。というように聞くと、マリファナのイメージは大分薄れるのではないでしょうか。

また、どうしても飲むことに抵抗のある方には、「塗るCBD」もあります。痛み止め効果もあるCBD。肌荒れや筋肉痛、慢性の痛みなどに対して、患部に直接塗ることで痛みを軽減することが期待されます。頭痛や腰痛、生理痛などにも使用していただくことができます。大手のネットショップなどでも「CBD」のワードで検索すると、多くの商品が並んでいるのが分かります。サイズや値段も様々な種類がありますので、気になる方はお試しセットのようなものを、しっかりと使ってみたい方は大入りのものを購入してみるのもいいかもしれません。